人生はイルカに聞け!元調教師のコミュ力向上委員会

30代前半の元イルカの調教師、が対人関係や動物のしつけに関する情報を発信するブログです

簡単!夏休み自由研究にオススメ!誰でも出来る古典的条件付け実験

6月も、あっという間に終盤に差し掛かりました。

夏休みの予定は立てましたか?

f:id:bluedol1120:20180202143016j:plain 

学生の皆さんは夏休みの宿題で頭を抱えることもあると思います。今回は、夏休みの自由研究で使えるネタを紹介したいと思います。

 古典的条件付けとは

聞きなれないワードが登場しましたね。

今回は「古典的条件付け」についてフォーカスを当ててお話しましょう。

 

何やら難しい雰囲気のある「古典的条件付け」ですが、パブロフ型条件付けという呼び名でも知られています。

 

イワン・パブロフは聞いたことありますか?

ロシアの生理学者で、犬を使った条件反射の実験が有名です。実験に使われた犬はパブロフの犬と呼ばれ「内容はよく分からないが犬のことは知ってるよ!」って方もいらっしゃるかと思います。

パブロフの犬

そもそも、この古典的条件付けは創始者のイワン・パブロフが行なった実験です。

元は空腹の動物に食べ物を見せると唾液を分泌すること関する「反射」について研究を行なっていたパブロフですが、実験過程で条件反射に関する発見をします。

 

ある時、犬の実験を繰り返していたパブロフは、犬が実験装置の前に連れてきただけで唾液を流すようになっているのに気づきます。

以前は食べ物を見せたら唾液を流していたのに、実験装置に連れてきただけで唾液を出すようになった犬を見てパブロフは

  • 食べ物をもらった経験と実験装置を結びつけた

と考えました。

これによって、パブロフは全く関係ない刺激と食べ物を時間的に近づけて提示すると、食べ物に対して起こしていた反応と同じ反応を全く関係ない刺激に対して起こすことを発見しました。

これが「パブロフの犬」条件反応の実験です。

ポイント

この実験のポイントは

  1. もともと意味のなかった刺激「条件刺激」が
  2. 食べ物などの「無条件刺激」と時間的に近づけて提示されたことで
  3. 同じ反応を条件刺激が提示された時に起こしてしまう

ということでしょう。

  • ベルの音(条件刺激)→ 食べ物(無条件刺激) 結果:唾液が出る
  • ベルの音 →   唾液が出る

身近な人に条件付けしてみよう

f:id:bluedol1120:20180220132327j:plainこの古典的条件付けを使った実験が、あなたのお家で簡単に行うことができます。

準備物

  1. 被験者(家族・友人)
  2. 筆記具(ペン・記録用紙)
  3. 椅子
  4. 水鉄砲(霧吹き)

実験方法

この実験では、あなたの身近な人に古典的条件付けをし、音がなったら瞬きをしてしまうようにするといったものです。

 

  1. まず被験者を椅子に座らせる。
  2. 被験者の顔に水鉄砲で水を発射し、瞬きを確認
  3. クリッカーを使い音を鳴らした直後に、水を発射
  4. 回数を重ね、音を鳴らしただけで瞬きするかを記録する

被験者は、音を聞いただけで瞬きをしないはずだが実験を繰り返すうちに音を聞くだけで瞬きをするように行動が変化するはずです。

 

いったい何回の試行回数で音を聞いただけで瞬きするようになるかを記録してみましょう。

まとめ

毎年のように悩む夏休みの自由研究ですが、一人でやるよりは、友人や家族を巻き込んでみませんか?

今回紹介した実験は、準備物も少なく誰でも簡単にできるので、遊び感覚で挑戦するのもいいかと思います。

自由研究どうしようー!って悩んだときは、是非参考にしてください。

 

オススメ記事

irukamen.hateblo.jp

人間関係で使える心理学でこの夏、素敵な人を見つけてみませんか?

シングルの男性は、もうすぐやって来る夏に向けて彼女を作りたいですよね。

カップル

これは僕が実際に嫁を見つけた時のことを「調教師目線」で思い返した記事です。

当時はあまり意識していませんが、思い出して書かせていただきます。

 

全ての始まりは「良い人」ではなく「どうでもいい人」から

目当ての女性を目の前にした時、大抵の男性は張り切るものです。

もちろん僕も、今まで散々張り切ってきました。

 

しかし、張り切った結果は惨敗

結局は良い人止まりで「その先」に進めず、悔しい思いをしてきたのです。

 改めて自分の行動を見つめ直し、調教師の目線で行動を開始しました。

僕が先ず行ったのが自分自身の「中性化」です。

 

【質問】

石ころ

あなたは道端に落ちている砂利に対して「憧れ」を抱きますか?

 

答えは「NO」でしょう。

「そこにあっても、無くても自分に無関係な刺激」これを「中性刺激」と言います。

この中性刺激には以下のような特徴があります。

  1. 行動の増減に影響を及ぼさない
  2. 感覚には捉えているが気にならない
  3. あってもなくてもどうでも良い

中性刺激はその名の通り中立的な位置にいて、これから好きか嫌いかへ振り分けられる可能性があるのです。

 

もし相手にマイナスイメージを持たれている可能性がある場合、どんなに優しく接しても「嫌悪感のある相手からのすべての刺激に嫌悪感を抱いてしまう」状態に陥ってしまいます。

先ずは無害な存在に。

そこからプラスのイメージを持ってもらった方が、関係がうまくいくのではないでしょうか?

 

注意してほしいのが、本当に道端の石ころのようになったら駄目ですよ。

あくまで相手にとって「無害」という立ち位置を作っていくよう心がけます。

 

楽しい10割だとつまらない

存在感が薄れてきて「中性刺激」になった事を確信したら、行動開始です。

ここからは結局、あなた個人の頑張りが結果をつくります。

 

動物の調教において重要な事は、中性刺激に意味を持たせることです。

犬のトレーニングだと、飼い主の誉め言葉です。

始めは犬にとって無意味な刺激でも、それがやがて嬉しいものに変わっていく。

 

この手順にのっとり、「無害」と思われていた人間が「意外と面白い」と思わせるよう行動が大切です。

中性刺激になっているので、マイナスイメージを怖がることはありません。どっちにしても「居てもいなくてもいい人」なんですから。

 

  • 7割は全力で盛り上げるよう努める。
  • 3割は手を抜く。(もちろん、失礼のないように)

 

10割で盛り上げに走ってしまうと、たいてい失敗してきました。

彼女は欲しいとは思いますが、相手をいじったり、逆にいじられたりすることも重要ですね。

 

「どうでも良いと思っていた人が、楽しそうな人だった」という印象を作ることが出来れば、相手から話題などを振られてきます。

動物は無意識に嫌悪的な刺激は避け、好意的な刺激には接近する心理が働くのですから。

 

3回の法則

「相手を褒める」ことも「いじること」も基本は3回に1回の配分を意識しました。

2回褒めて1回いじる。

2回いじって1回褒める。

 

これは根拠は薄いんですが、動物の反応が良く感じます。

多分楽しいんだと思います。

 

大切なポイントは、テンポよく話すことです。

ここが頑張りどころでしょう。

 

調教の現場においてイルカに技を教える時、2回同じ難易度のことを練習させて3回目にレベルを上げると上手くいったりすることが多々あります。

3回というのは、おそらく動物にとってタイミングやら色々なものが合うようです。

 

デートも3回目で告白すると上手くいくことが多いと感じます。

女性の同僚に色々聞きましたが、4回目のデートに突入すると「どうでも」良い男(友人扱い)となるようです。

 

正直、嫌いな男に3回もデートする女性なんて居ないですから、相手の反応を見ながら勝負をかけます。

 

無茶なテクニックは長続きしない

押して押して、付き合った女性もいましたが長続きはしませんでした。

逆に、カッコつけて優しく接しすぎても女性にとって面白みがないようです。

 

いじりまくって、急に褒めるなんて高等テクニックは効果も期待できるでしょうが扱いがとても難しい。

実際、調教の現場では対象動物を褒めない時間を長く作って、急に褒めるテクニックが存在しますが動物に嫌われる可能性も出てきます。

 

ここでお伝えしたいのが

  • 自分を偽ったテクニックを使って女性と付き合えたとしても
  • それを維持し続けることは不可能で
  • 相手には必ずと言っていいほどバレてしまう
  • それなら最初から普段通り接した方が今後の関係を維持しやすいです。

 ということ。

 

調教の現場でもトライ&エラーは存在しますが、自分にあったテクニックを見つけて自分を飾らなくてもいい方法を探しましょう。

 

バリエーションが命

同じ誉め言葉や似たタイプの親切、いじり方をしていると必ず飽きられます。

動物は刺激に対して「馴れ」が生じるように作られているからです。

キャンディー

野菜しか置いていないコンビニと、多くの商品を扱うコンビニが近所にあったら、バリエーションの豊富な店を選びますよね。

バリエーションが豊富ということは、飽きが生じにくく相手を引き付ける要素になります。

 

普段から様々な情報を手に入れておくことでタイプの女性が現れた時に、相手の話に合わせて喋ることが出来るので、コミュニケーションも捗ります。

 

全ての動物は、良い事にも嫌な事にも馴れてしまうので、馴れが生じないように「バリエーション」を豊富にしましょう。

 

人と話すのが苦手な方もいると思いますが、他人同士が一緒の時間を過ごすのにコミュニケーションは必ず必要となってきます。

上手く話す必要はありません。「一生懸命話す」同じ人間ですから、何かを感じてくれます。

 

まとめ

彼女の作り方を、アニマルトレーナー的視点で分析した結果、見えた5つのテクニックは以下のようになりました。

  1. 中性刺激になる中性化で「無害な男」になる
  2. 「無害な男」が意外と「良い人だった」を目指す
  3. 何事も3回目が大切。3回の法則を意識する
  4. 身の丈に合った接し方をする。背伸び厳禁
  5. バリエーションを多く持ち、パターン化しない

いかがでしたか?心理学ではありますが、大切なのは相手を思い楽しませる意識です。

動物の心は離れてしまっては元に戻ることは難しいですからね。

 

この夏、素敵な出会いがあなたにありますように!

過去記事

irukamen.hateblo.jp

amazonで売っているクリッカーの使い方を元調教師が教えます!

近年、トレーニングや調教が動物園や一般のご家庭でも身近になってきましたね。

レーニングを行うことで、これまで飼育における健康管理が難しかった大型の動物や、危険動物の管理が安全で確実に飼育できるようになり、家庭で飼育されている犬猫や鳥にも応用されています。

www.sakigake.jp

今回はamazonで簡単に購入できる「クリッカー」の使い方や、原理についてお話したいと思います。

クリッカーとは

クリッカーとは下の写真のような道具のことを指します。

ペットショップやアマゾンで普通に購入が可能なアイテムで、バリエーションが豊富であり、好みの色や形が販売されています。

f:id:bluedol1120:20190607232217j:plain

真ん中のシルバー部分にある金属を指で押すことで「カチッ!」っとクリック音を鳴らすことが出来る道具です。

この音を使い、動物のトレーニングを進めます。

 

2次性強化子について

irukamen.hateblo.jp

 こちらの記事で書いたように、行動に影響を与える刺激は3種類あります。

  • 強化子:行動を増やす
  • 中性刺激:行動は増減せず
  • 嫌悪刺激:行動が減る

実は一番上の強化子には「生まれつきご褒美」のものと「学習した結果ご褒美になった」ものが存在します。

前者を1次性強化子

後者を2次性強化子

と呼びます。

 

1次性強化子には以下のものが含まれます。

  • 食べ物
  • 注目

など、動物が生存を維持するために欠かせないものです。

イルカの調教の場合、ご褒美にお魚を使うのがご褒美として相手に伝わりやすいからですね。

 

では2次性強化子には何が含まれるのでしょうか?

  • お金
  • 称賛の声
  • 拍手
  • インスタなどの「いいね」

です。

「元々意味を持たなかった刺激」(中性刺激)が1次性強化子と結びついたことによって、ご褒美と変化した刺激です。

 

中性刺激を強化子へ変えるためのポイント

f:id:bluedol1120:20190607232217j:plain

では、このクリッカーを愛犬のご褒美にするためにはどうすれば良いのでしょう?

もちろん愛犬にとって、このクリッカーから発せられる音は最初、何の意味も持たない「ただの音」です。(つまり中性刺激)

 

中性刺激である音にご褒美としての意味を持たせるには「対提示(ついていじ)」という手続きをとります。

対提示とは

  • クリッカーの音「カチッ」の後に必ずジャーキーのおやつを与える

というように、中性刺激と1次性強化子を時間的に近づけて提示することを続ける手続き方法です。

これを繰り返せば、愛犬は

  • 「カチッ」=「ジャーキーがもらえる」

という学習をし、何も意味を持たなかった音はジャーキーを連想させるご褒美と変化します。

 

イルカの場合は、犬笛を使用し同様の手続きを取るため、ほとんどのドルフィントレーナーは犬笛を口にしています。

 

クリッカーはどうやって使うの?

では、この2次性強化子はどうやって使用するのでしょうか?

これは

  • 「いかに音を鳴らすか」ではなく「いつ鳴らすか」が重要

となります。

飼い主のあなたが愛犬を「褒めたい」と思った直後に鳴らすことをお勧めします。

  • 「おすわり」を教えたければ、お尻を地面につけた直後
  • 「吠える」を教えたければ、吠えた直後
  • ジャンプを教えたければジャンプの直後

に音を鳴らし、60秒以内にジャーキーをご褒美で与えます。

こうすることで、ただ褒めるのではなく「具体的に」褒めることが可能となります。

 

まとめ

f:id:bluedol1120:20180114112930j:plain

今回は、2次性強化子について簡単に書かせていただきました。

ただ1次性強化子を与えただけでは、褒めることはできるかもしれませんが具体的に何かを伝えるのは至難です。

そこで2次性強化子を使用し、動物に具体的に何をしたから褒められたを伝える必要があります。

  1. 本来意味の持たない中性刺激と1次性強化子を時間的に近づけ提示する
  2. 中性刺激が2次性強化子へ変化する
  3. 褒めたい行動の直後に2次性強化子を使用し、褒められたことを伝える
  4. 2次性強化子の使用後は必ず本来のご褒美をあげる

以上を守れば、言葉の通じない相手に対し「具体的に」褒めることが可能となります。

過去記事

irukamen.hateblo.jp

irukamen.hateblo.jp